読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子大学生の野望

のんびり地方大学生の生活やアニメなどの紹介したり

大学生のお金の貸し借りはルーズ⁉︎逃げ恥を見て伝えたくなったこと

f:id:danyabo:20161229175652j:plain

 

こんばんは、大学生になった人やもう大学を卒業した人は一度は、友達に「お金かして!」と言われたことがあるのではないでしょうか?友達同士のお金の貸し借りはその人との人間関係もありますしめんどくさいですよね。今回は大学生のお金の貸し借りについて書きます。

この記事は逃げ恥を見て少し思ったことがあったので書いています。逃げ恥とは少ししか関係はありません。(笑)

 

 

どんな時にお金かしてと言われるの? 

大学生は正直お金をそこまで自由に使えるほど持っているわけでもなく、クレジットカードを持っていない人も多いのではないでしょうか?お店に行ったとき現金が少なくてクレジットカードがあればそれで払えますが、それを持っていなければ友達に頼ることがあります。

他には安い商品などで財布出すのがめんどいから『払っといて、あとで返すから』と言われる時があります。この場合はすぐには忘れてしまう人がいるので気をつけてください。

 

今流行りの逃げ恥から思ったこと

津崎:この補填とはなんですか?

みくり:設定予算を1250円オーバーしてしまったので自腹で足しました。

 :

(省略)

   :

津崎:マイナスを従業員の財布から補填するなんてまるでブラック企業です。

みくり:言われてみれば・・・

津崎:ブラック企業勤めのことを思い出していましました。

みくり:働いていたんですか?

津崎:仕事もきつかったけど、直属の上司がコンビニで買い物を頼むくせに、お金を払わない人で。

みくり:いますね。そういう人。

津崎:少額の支払いでもチリも積もれば山となります。

みくり:ストレスも溜まりますね。

 

こんな会話が『逃げるは恥だが役に立つ』のドラマ第4話で話されています。(どこかで逃げ恥で言ってたことを書いているのが違ったらすいません。)

ちょっと形は違うけれどもコンビニで買い物を頼むくせにお金を払わない人で…っていうのが財布出すのめんどいから出しといてっていうのがとても似ていたので参考に!お金を返さない人が経営者をしていたらきっとブラック企ぎょ。。。

 

ここでもあるように学生同士の財布出すのめんどくさいから払っといてというのはだいたい300円以下ではないかと思います。これでも学生にとってはチリも積もれば山となるといったように返されなければ痛い出費になります。

 

 お金の貸し借りの対策、解決策は?

友達との人間関係もあるのでなかなか難しいですよね。その解決策を今知っていることだけですが簡単に教えます。

一番早いのは、貸したお金が返ってこないと思うのが早いです。普段その人から何か与えてもらっていると考えてお礼的な意味でお金をあげたと考えるか、その人に貸しを作り投資している気分でお金を払っていればそんなに嫌な気持ちはしないと思います。自分自身は普段のお礼的な感じでお金を払っています(笑) 

他の方法としては、レジを離れて少し空いているとこに行ってから『お金はらえ〜』って言ってみてはいかがでしょうか?男子ならそれでも全然嫌な気持ちにはなりません。女子については知り合いから聞いたりして解決策が見つかり次第追記していきたいと思います。 

これはめんどくさい方法ですが、自分もその人に対してお金を借りれば帰ってくるのと同じようなものです。しかし、相手は自分が借りたことを忘れていた時は返せと言われますが、『お前前返さなかっただろ』と言って返さなければいいです。その人に噂を流されても自分も友達に広めていけばいいです。しかしこれは相手より友達が多くないと厳しいかもしれません。

 

 さいごに

お金の貸し借りはめんどくさいですよね。社会人になっても逃げ恥の話で出てきたようにブラック企業や嫌な先輩にあたると大変ですね!

他に何かいい方法などがあれば教えてください。

この記事を読んでいただきありがとうございました。