男子大学生の野望

のんびり地方大学生の生活やアニメなどの紹介したり

大人になるにつれて時間が早く感じる理由を調べてみた(ジャネーの法則)

f:id:danyabo:20170306220613j:plain

こんにちは、最近時間が立つのが早く感じるゆとり戦士ですっ!

「一年が経つのが早く感じる」

「大人になるに連れてなんか時間が立つのが早くなったなぁ〜」

とか思うことはありませんか?

 

それには理由や法則があります。

 

以前テレビか何かで見かけたのを思い出したのでみんなにも紹介したいと思い今回改めて調べたことも含めて紹介したいと思います。

 

 

大人になるにつれて時間が早く感じる理由

1,ジャネーの法則

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則。

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

出典:ジャネーの法則 - Wikipedia

 

これだけ見るとちょっとわかりにくいかもしれませんね

 

例えば、1歳の350日(約一年)は50歳は体感的に人生の長さが50分の1になり、50歳の7日に値するということです

 

自分はこんな年取ってないからほんとにそう感じるのかなとかは思いますよね。

 

2,心拍数の法則

「心拍数」の高さと時間間隔には関係があるという説があるみたいです。

これは心拍数が高い人ほど時間が遅く感じ、逆に心拍数が低いほど時間が早く感じるみたいです。

子供ほど心拍数が早く年を取れば取るほど心拍数は遅くなるのが、医学的にも実証されているので、大人になるに連れて時間が早く感じるのに当てはまります!

 

これはあくまで自分の思ったことなのですが、学生の頃何かやらかして先生に怒られると思っている時に、時間が早く立たないかなと思っても全然立たなかったのは、この時バレたらまずいという感情があり心拍数があがったのも関係してるんじゃないかなと思いました。

 

3,同じことをこり返すことが多くなり新しいことがないから

学生でも、社会人でも同じことを繰り返していると時間が立つのが早く感じませんか?家と学校(職場)だけの往復で新しいことが一切ないような空間にみなさんはいますか?

 

時間が早く感じる理由は脳に関係しています。ある情報を脳で処理するには時間がかかります。この処理の時間が新しい情報を処理した時のほうが時間がかかるため、私たちは時間が長く感じたと錯覚します。

なので、いつもある情報だとその情報は一度処理しているため時間がかからなく自分たちの感覚としては早く感じます。

 

例えば、たまに聞く話だと妊娠をしてないある女性が妊娠をして出産をしてからは時間が長く感じる!といったことを聞くことがあるので、これもまた脳で行う情報の処理によるものだと思われます

どうやったら時間が長く感じられるのか

 せっかく、理由がわかったのに行動しなくてはもったいないですよね!

時間が早く感じる理由のものを減らせばいいと言っても、ずっと心拍数を上げたり、年をとらないでいるっていうのは難しいですよね。

だから、新しいことに挑戦したり、新しい場所に行って普段とは違うところで過ごせばいいんです!友達と普段行かないお店に行ったり新しいことを学ぶことによって時間が早く感じるのを防ぐことができるようになります。

 

さいごに

私はまだ大学生なので、他の人よりも時間が早く流れているという感覚は年上の方に比べてばあまりないかもしれませんが、時間が早く感じることはなんだか寂しいことだなぁと思いました。

だから、自分でとにかく自分の持っていない新しい情報や新しい体験をどんどんしていけたらなと思います。

 

さいごまで読んでいただきありがとうございました!

またね〜