男子大学生の野望

のんびり地方大学生の生活、台湾のことやアニメなどの紹介したり

映画館によく見に行くならシネマイレージカードを利用するべき。メリット・デメリットについて【TOHOシネマズ】

f:id:danyabo:20180402143136j:image

こんにちは、映画代ってなかなか高かったりして節約したいなんて考えたことありませんか?

DVD鑑賞で節約はできますが、映画館の中で見る迫力の映画を見たほうがワクワクしますよね。

それにDVDレンタル販売まで待てないなんてことも。

そこで今回は映画館で映画を見ながら、節約できる超お得なクレジットカードがあったので紹介していこうと思います。

シネマイレージカードとは

シネマイレージカードはTOHOシネマズが実施しているポイントサービスのことです。

TOHOシネマズをメインの映画館としてるかっている方はメリットが盛りだくさん。

シネマイレージカードを利用することによって、シネママイレージと鑑賞ポイントをためることができます。

 

シネママイレージとは

シネママイレージは、上映時間112分の「君の名は」を見ると112シネママイレージがたまるようになっています。

このシネママイレージは、1000シネママイレージ以上をためることによって、ドリンクやポップコーンなどを交換したりすることができます。

 

鑑賞ポイントとは

シネママイレージは上映時間によってもらえるポイントでした。

逆に鑑賞ポイントとは、映画を見た回数によってもらえるポイントです。

詳しく説明すると。シネマイレージカードを使って映画を6回見ると、1回無料で映画を見れるというお得なポイントが鑑賞ポイントです。

簡単に言えば、美容室などで「10回来てくれたら1回無料で切ってあげますよ」といった感じのサービスと同じものです。

私はこのシネマイレージカードを使えば6回だけ行けば1回無料になるというのは、相当お得なのではないかなと感じます。

 

シネマイレージカードを作るときのポイント

シネマイレージカードのメリット

  • 6回映画を見ると1回無料になる
  • マイレージをためるとポップコーンや飲み物をもらうことができる
  • 毎週火曜日に映画を見ると会員価格で見ることができる

 

シネマイレージカードの説明でもしてしまいましたが、メリットは鑑賞ポイントとシネママイレージ、会員価格での映画鑑賞ができるという点です。

特に、鑑賞ポイントというのは圧倒的にお得なサービスです。

普通のクレジットカードのポイントは100円使うと1ポイントたまるようになっていますよね。

なので、普通のクレジットカードを使って映画を見ようとすると100回見ると1回無料になる計算になります。

こんなにポイントがたまるのを待っていられますか?私ならすこし厳しいです。

ですがシネママイレージは6回で一回無料なので約16.7%のポイント還元率となりかなりお得なのがわかると思います。

また上映時間によってたまるシネママイレージもポップコーンや飲み物がもらえるサービスがあるのでお得です。

特に映画をたくさん見る人は、6000ポイントためると一か月間鑑賞し放題のフリーパスをもらえるというすごさ。

映画をたくさん見る人、たまにしか見に来ない人でも登録しておきたいカードです。

≫シネマイレージカードの公式サイトを見てみる 

 

シネマイレージカードのデメリット

  • TOHOシネマズでみる映画しかポイントの対象じゃない
  • 普通のショッピングのポイント還元率が悪い

 

シネマイレージカードのデメリットは二つあります。

一つ目は、TOHOシネマズで見る映画しかポイントやマイレージをためることができません。

よく行く映画館がTOHOシネマズならいいのですが、家の近くにTOHOシネマズがないという方は作ってもあまり意味のないカードとなってしまう点です。

二つ目は。普通のショッピングの還元率が0.5%しかないということです。

普通のクレジットカードなら1%ほどあるのですがシネマイレージカードは還元率が悪いです。

しかし映画のみに限れば還元率が破格のよさなので、映画の時のみ利用する人にとってはデメリットにはなりません。

ちなみに年会費を気にされる方もいるでしょうがあまり心配しなくても問題ないでしょう。

なぜなら、年に一回使えば翌年も無料になるので年に一回映画を見れば無料で使い続けることができます。

ここではデメリットを上げましたが、TOHOシネマズで年に映画を一回以上見る人にとってはほぼデメリットがないも同然です。

 

こんな人にオススメ

近くにTOHOシネマズがある人

映画代を節約したい人

何度も映画を見に行く人

 

さいごに

映画をよく見に行く人や、映画を見るとき少しでも節約したいという方はシネマイレージカードをぜひ使ってみてはいかがでしょうか

≫シネマイレージカード公式サイト