大学生、台湾、アプリ、アニメなどの情報について紹介しています。

男子大学生の野望

ガジェット

【レビュー】安い防水ワイヤレスイヤホン(Bluetooth)が欲しいなら『Anker SoundBuds Curve』がオススメ

更新日:




有線イヤホンだと、iPhone7で充電をしながらイヤホンを使えないことを解決するために、Bluetoothの『Anker SoundBuds Curve』を買ったので実際に使った感想などを書いていこうと思います。

結論から言えば、コスパ最強で買ってよかったなと思っています。

Anker SoundBuds Curveの概要

値段は安いのにしっかりしているイヤホン。

この「Anker SoundBuds Curve」は2層のナノコーティングによる防水性能によって、小雨や汗を気にせずイヤホンをつけながら運動などをすることができます。

価格は2018年8月現在で、3299円

Anker SoundBuds Curveのスペック

包装内容

値段の割に箱がなんか高そうな感じ。

パッケージの中は

  • Anker SoundBuds Curve(本体)
  • イヤーチップ(XS / S / M / L / XL *Lサイズは本体に取り付け済み)
  • 低反発イヤーチップ
  • イヤーウィング(S / M / L *Sサイズは本体に取り付け済み)
  • フィットクリップ
  • シャツクリップ
  • 充電用のUSBケーブル
  • PUレザー製ポーチ
  • 取扱説明書
  • 保証書

持ち運びが楽

耳にかける部分がどうしても、持ち運ぶときに折れてしまいそうと思っていしまいます。

ですが、専用のケースが入っているので、それに入れればコンパクトで安全に運ぶことができるのがよかったです。

耳にフィットする

Anker SoundBuds Curveは、見た目からもわかる通り、運動しても落ちることがなく使えます。

付属のイヤーチップのサイズにはXS , X , M ,  XL(Lサイズはもともとついているやつ)があり、自分の耳にフィットするものを選べます。

低反発イヤホンチップは下の写真の一番右で、普通のイヤーチップとほぼ変わりありません。

また下の写真のような、イヤホンウィングなどもついています。

充電が完了までが早い

Anker SoundBuds Curveは一回のフル充電で12.5時間使用することが可能なのですが、充電時間は2時間という短時間でできるので、便利です。

また短い時間でも10分で1時間ほど使用することができる世になるのが魅力です。

充電するときが不安

充電は下の写真のケーブルを使ってするのですが、ケーブルをさすための穴が普段はふたみたいのが付いていてふさがっています。

これを外す時にたまになかなか開きにくいことがあるので、壊れないか不安になることがあります。

有線のイヤホンからワイヤレスイヤホンに変えての感想

iPhone7になってから今までのイヤホンジャックがなくなり、充電をしながらイヤホンをつけることができなくなりとても不便に感じでいました。

でも、正直ワイヤレスイヤホンはなくてもいいのかなと思って今まで使ったことがなかったのですが、使ってみるとめちゃくちゃ便利。

充電しながら、イヤホンが使えて便利なのは当然ですが、食器洗っているときとか掃除しているときに使えるのがほんとにいいです。

食器洗うときなんかは動画を見ながら今まで洗うことができなかったのが、個人的に大きな変化です。

Anker SoundBuds Curveのまとめ

いつでも使える安価なワイヤレス(Bluetooth)イヤホン

ワイヤレスイヤホンって高そうってイメージを持っている方や、安いけどできるだけいいワイヤレスイヤホンが欲しい人は「Anker SoundBuds Curve」を使ってみてはいかがでしょうか?

以上!Anker SoundBuds Curveのレビューでした。

-ガジェット
-, , ,

Copyright© 男子大学生の野望 , 2018 All Rights Reserved.