大学生、台湾、アプリ、アニメなどの情報について紹介しています。

男子大学生の野望

台湾

留学や旅行の時に使える日本から台湾にお金を送る・現地でお金を引き出す方法【キャッシング】

更新日:




こんにちは、台湾へ行ったときに「旅行でお金が少し足りなくなった」「留学の時の生活費を日本から送って欲しい」なんてこと思っていませんか?

今回は日本から台湾にお金を送る方法と安く手数料を済ませる方法を紹介していこうと思います。

日本から台湾にお金を送る方法

日本から台湾へお金を送る方法・台湾国内で台湾ドルを手に入れる方法は大きく分けて三つあります。

また、台湾でお金を手に入れるために一番いい方法も紹介していきます。

日本からお金を持っていく

これは最も一般的ですが、日本を出国する前にお金を現金として持っていき、台湾の空港や日本の空港で両替する方法です。

でも、これは旅行の途中や留学している最中では、最初にもっていった以上のお金を手に入れることができません。

なので、日本から台湾にお金を持っていくことはできますが、旅行中のお金不足には対応することができません。

クレジットカード等のキャッシング

二つ目の方法として、クレジットカードのキャッシング機能を使うことによって、台湾のお金を手に入れることも可能です。

キャッシングは日本の銀行口座に台湾ドルがなくてももちろん大丈夫です。

キャッシングではクレジットカード会社が日本円に換算して引き落としてくれるので心配しなくても問題ありません。

また、キャッシングのできる場所はコンビニなどのATMから引き出すことができ、コンビニの数もかなり多いので困ることはなくなると思います。

旅行に行く人などは、基本的にクレジットカードを持っている方が多いと思いますが、まだクレジットカードを作られていない方は早めに作られてみてはいかがでしょうか。

台湾の銀行への国際送金

日本の銀行から国際送金をすることによって、台湾の銀行に送った日本円分の金額の台湾ドルを手に入れることができます。

でも、国際送金は4~6日程度かかるので、旅行者には向いていなくて、留学している人用のような感じです。

台湾で口座を開設するときは1000元など必要と言われていますが、私が「中国信託銀行」で口座を開設したときは必要ありませんでした。

また居留所も必要なく、パスポートがあればなんとかなったといった感じです。

台湾で台湾ドルを手に入れる最もいい方法

上で紹介した方法で、台湾国内でお金の対応ができるのは「キャッシング」と「国際送金」ということが分かったと思います。

なので、ここからはどちらの方法がいいのかを紹介していきます。

まず、ゆうちょ銀行の国際送金を使ったら、ゆうちょ銀行の普通の手数料2500円と送金金額が100米ドル以上の場合は10米ドル(約1100円)程度の合計約3600円が手数料としてほどかかります。

でもエポスのクレジットカードを使って5万円の引き出しをした場合、海外ATM手数料216円+739円の利息の手数料が合計955円で済みます。(30日後の支払いの場合)

なのでもし台湾で台湾ドルを手に入れたくなった場合はエポスのクレジットカードでキャッシングをすることをオススメします。

またエポスは海外旅行の海外旅行傷害保険が自動でつくので、キャッシングをしなくても万が一の時のために持っておいたほうがいいです。

さいごに

私もエポスのカードを留学のために開設したのですが、キャッシングの審査が他のカードに比べて簡単に通ったので本当に助かりました。

台湾ではバイクが多く事故にあう可能性もあるので、エポスのサービスは安心できると思いました。

-台湾
-, , ,

Copyright© 男子大学生の野望 , 2018 All Rights Reserved.