大学生、台湾、アプリ、アニメなどの情報について紹介しています。

男子大学生の野望

台湾

台湾で生活してみて驚いたこと、びっくりしたこと7選

更新日:




f:id:danyabo:20180326004929p:image

最近台湾に来てから半年がたちました。

そこで今回、日本にいたらわからなかった台湾で驚いたことを紹介していこと思います。

バスの運転が荒い

日本のバスは、停車場まえで結構スピードを落としたりしますが、台湾では急に止まる感じです。

急に止まるは言い過ぎですが、日本みたくゆっくり停車駅に入って出ていくなんてことはなかなかありません。

今はもう慣れてしまいましたが、台湾に来たときは2か月くらいはバスに乗ると具合が悪くなりました。

私の親運転が少し粗目だったので、台湾のバスでも問題なんて思ってましたが全く違いました。

私の日本人の知り合いも、吐いている人がいるくらいです。

台湾でバスに乗るときは、発車の時も急に動くので転ばないように気を付けてください。

蚊がめちゃくちゃ強い

蚊なんて日本の蚊と何も変わらないなんて思っていませんか。

私も最初のころはそう思っていましたが、日がたてばたつほど台湾の蚊は異常なほど強いし多いと感じました。

蚊の量は日本と比べ物にならないくらい多く、何度もさしてきます。

私も足の甲だけでも一日で8か所もさされていました。

同じ場所なのでありがたいんだか、ありがたくないんだかわかりませんがめちゃくちゃかゆい。

台湾で蚊に刺されたときに塗る薬は、

人前で普通にイチャイチャしている

日本では、学校の中なんかでは手もつないでいないと思いますが、台湾では違います。

普通にてをつないで歩いていたり、バスの中でも隣に座っていたら抱き着いたりしています。

中でも衝撃だったのが、学校のコンビニの中でもキスしている人がいました。

コンビニの中でもキスしているのは、台湾人にとってもまれなのかもしれませんが、びっくりしました。

運転している人は止まらな

前に人がいれば止まってくれるのは、止まってくれます。

でも、いけそうと感じたら、止まらずに結構ぎりぎりの目の前を通過していくことがあります。

特にバイク。

日本では、人が優先みたいな感じがありますが台湾では違います。

横の道に入るとき出てくるときなんかが特に危ないので、台湾に来る際には気を付けておいてくださいね。

臭豆腐が臭すぎる

臭豆腐という名前だけあって、普通に臭いだろうなんて思っていました。

でも想像以上。

店から離れているのに、かなり臭いにおいが漂ってきます。

どんなにおいと聞かれると場所によって違いますが、一番嫌いなのは下水みたいなにおいがします。

今は慣れてしまいましたが、旅行できた日本人の話していることをきいていると「ほんとに臭い」「早くここ離れよう」なんてことを言っているくらいです。

慣れるまでには時間がかかるので、旅行中に何とか対策しようなんて方は諦めたほうがいいと思います(笑)

日本人が異常なほど多い

九分などの観光地に限ったことなのですが、周りの人は40%ぐらい日本人なんじゃないかってくらい日本人がいます。

観光地だけでなくても、学生や、ほかのとこでもたまに見かけたりします。

理由として、日本から近く安全な国として知られているからなのかなと思いました。

日本と台湾は関係がいいことを改めて実感しました。

日本人観顧客が多い場所では、店員が日本語が喋れることがあるので、日本がでメニューを注文することができる場所もしばしば。

ほかの国に比べて初めての海外旅行で台湾に訪れるのあ難易度が低いと思います。

冬の間結構寒い

台湾と言えば、「冬の間でも18度以上はあるんじゃない」って感じにとても暖かいイメージがあると思います。

でも、台湾の冬は普通に一桁台の気温になります。

外にいても、冬用のコートがないと絶対にきついくらい。

それに、台湾は部屋の中にほとんど暖房がありません。

ホテルなんかではあると思いますが、一般的な家庭には暖房はほとんどないです。

なので、留学をする方は部屋のなかでも厚めの服や手袋などを用意しておくといいです。

台湾人によれば、なんで暖房がないのかと聞くと、「寒い期間が短いから」だそうです。

でも子供やお年寄りがいるとこになると暖房があるんだとか。

寒い期間は12月から3月初めくらいまで。この間に旅行などを考えている方は、コートなどをしっかり持ってきてくださいね。

-台湾
-, ,

Copyright© 男子大学生の野望 , 2018 All Rights Reserved.