大学生、台湾、アプリ、アニメなどの情報について紹介しています。

男子大学生の野望

台湾

台湾はチップをあげる習慣はある?台湾人にチップに文化について聞いてみた

更新日:




f:id:danyabo:20180410214226j:image

こんにちは、台湾に旅行を考えているけど、チップってあげたほうがいいのかよくわかりませんよね。

ましてや、チップの文化すらあるのかもよくわからないのに。。

なので、今回実際に台湾に住んでみたり、台湾人の友達に聞いた話を紹介していこうと思います。

台湾のチップに関する文化

台湾では、何かしてもらったときにチップを渡すという習慣は基本ありません。

ネットで台湾に行ったことがあると思われる方が、いいホテルではチップが必要などと書いていますよね。

なので、実際に台湾人に聞いてみるとチップに関する文化はないとのことでした。

個人的に「重い荷物持ってくれたからうれしくて上げた」程度なら、相手もうれしいでしょうしチップをあげてもいいと思います。

もちろんこのようなチップの文化は、台湾にはないので渡さなくても問題ありません。

しかしチップとは違った「服務費」というチップのようなサービス料を支払はなくてはいけないときがあります。

「服務費」はサービスをしてくれるお店が、勝手に料金に加算して支払いを求めてきます。

具体的に言えば、食べた物の料金+服務費をレジで払うという形になります。

チップと言えばチップのような服務費ですが、どのような場合に払うのか次のところでお話していきます。

服務費を払う時

服務費は、どんなお店に行っても必要ということはありません。

例えば、夜市や屋台なんかのお店では服務費を必要とすることはまずないです。

しかし、すこし「オシャレなところでご飯が食べたい」「カフェでコーヒーを飲みたい」といったときは必要になることがあります。

服務費はオシャレなお店のランチの値段が、1000円ぐらいのとこでもかかってきます。

このようなお店の特徴は「きれい」「おしぼりや水を持ってきてくれたりとサービスがいい」ところに多いです。

「おしぼりや水を持ってくるのが当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、台湾ではそれが通用しません。

夜市などでは、結構食べるところのテーブルの拭き方が雑だったり、自分で水を汲んでこなくてはいけない場合がほとんどです。

なので、水やおしぼりを持ってきてくれたり、するお店では「服務費」が必要となります。

服務費の値段

特に値段は決まっていませんが、基本は食事などでかかったお金の10%程度が上乗せされて請求されます。

なので少しオシャレなお店でご飯を食べたいという場合は、食べるものの金額より多めに持っていくことを忘れないように。

実際にレシートには下のように、服務費○○円みたいな感じで書かれています

f:id:danyabo:20180410230518j:image

さいごに

もし「あれ、頼んだものの値段よりも高かったな」と思ったら、服務費が含まれている場合がほとんどなので、ぼったくりなどではないので安心してください。

-台湾
-, ,

Copyright© 男子大学生の野望 , 2018 All Rights Reserved.